基本戦略に関する記事一覧


ポーカー 基本戦略

現在の科学では、プリフロップにおける3ベットや、4ベット、5ベットに関する完璧なベットサイズや頻度が導き出せるわけではないですが、どれほど各プレイヤーのレンジや頻度に影響しているかを理解することはできます。さらに、これから議論する方法論を理解することは、完璧なベットサイズを理解することよりもさらに重要になります。

ポーカー 基本戦略

大きいベットをすると相手のチップがより引き出せると聞いて、皆さんはどう思うでしょうか。大きいベットは強いことを主張しているように思えるので、フォールドしてしまうのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、理論上は全くの逆となります。その理由を、解説してきます。

ポーカー 基本戦略

ポットオッズの計算方法は、二種類あり、日本でよく使われている方法は、動画で紹介したので、今回は省略いたします。(日本式のポットオッズの計算方法は以下の動画です。)一方、海外でよく使われるポットオッズの計算方法は、表記も簡単にできるので「ポーカー学」ではこちらを使っていくことにします。

ポーカー 基本戦略

複雑な状況を過剰にシンプルなモデルに変換し、1か0かのバイナリーモデルにすることは物事を簡単に理解するためによく用いられる方法論です。しかし、シンプル化をやりすぎないことに注意しなければなりません。これはポーカーの世界でも同様で、フロップやターンベットの際、バリューベットとブラフの間にこの概念がはっきりと出現します。

ポーカー 基本戦略

リバーにおける大事な場面でブラフをするとき、相手にコールをされないようにすることができたらどれ程気が楽でしょうか。「そんなことができるのか」と思ってしまいますが、 実は理論上可能です。前回の講義でポーラライズドレンジについて勉強しましたが、それを期待値と結びつけると分かってきます。それでは、解説していきます。

ポーカー 基本戦略

現代のポーカーで重要となる考え方は、ポーカーは「ハンド」でなく「レンジ」で戦うということです。レンジの中でも、重要なレンジが2種類あります。それは、ポーラライズドレンジ(Polarized range)とコンデンストレンジ(Condensed range)です。

ポーカー 基本戦略

「エクイティが高いハンド=いいハンド」ではないということを述べました。これはつまり、すべてのホールディングカードは、それぞれに特性を持ち、スポット毎に扱いが違うということでもあり、このハンドは別のハンドよりも優れているとシンプルに決めつけてはいけないということでもあります。

ポーカー 基本戦略 数学

ポーカーを始めたての人であれば、エクイティと期待値の違いを明確に答えられる人は多くはないです。両者はともにオッズが関係していて、収益性の高い判断をするうえで有効な手段と思えます。それでは、エクイティと期待値の違いは具体的に何なのでしょうか。

ポーカー 基本戦略

エクイティとは、あるハンドの、あるスポットにおける勝利するオッズに基づいた、あなたのポットのシェア額です。つまり、あなたが60%のチャンスで勝つとすると、あなたは60%のエクイティがあると言えます。非常にシンプルです。

ポーカー 基本戦略

ポーカーは数学と非常に相性のよいマインドスポーツで、特に確率で戦略が決定すると言っても過言ではありません。といっても、難解な式を使いこなすのではなく、確率を覚えておくことで、あなたのプレイが改善する可能性は十分に有ります。 この動画では、そんな覚えておくべき重要な確率をいくつかピックアップしてみました。